TOP > CATEGORY - 散文・短文

会いたい・・・ 



一週間分の撮りだめられていたHDDのアニメ・ドラマを一気に見ました。


その内の今期、割と楽しみにしていた「坂道のアポロン」と「CANAAN」が終わってしまった。


どっちも微妙に面白いような、面白くないような・・・・?
ありがちといえば、ありがちな・・・・う~~ん
でも好きだった(笑)←意味わかんねぇよ!

「CANAAN」は何ていうか「DARKER THE BLACK」とアクションシーンのカメラワークとか中途半端な説明の世界観と裏世界と超一般人との絡みが似ている感じがして好きだった。←分り難いよ!

主人公は一般人と特殊な能力者――身体能力が高いのに何かが欠落してる


「坂道のアポロン」の後半は切ない心の痛みがすっごくよかった――なんていうか、あの居た留まれない感じが!

別に過去の人生であんな風にきつく当たられた事も家族背景もないのだけど。
でもなんか、分かる――あの仙太郎の笑顔の裏に隠された必死な気持ち



なんでしょうね。
あの最終回の何年経っていても必死に会いたい気持ち――すごくよくわかる!
ってか、自分自身も今すごく会いたい人がいるからかもしれない・・・

思わず、似た人に声をかけてしまったほど――つまり人違いをした!<恥

あんなドラマチックな切なさは一切ないけどww

なんか、忙しくて自分が生活を回すことに精一杯で余裕がないから、会えないだけ・・・・




ってことで、以下はまんま戯れ事。





web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)





会いたい・・・・






人の多い往来で思わず、似た人に声をかけてしまって――

あぁ・・・、こんなに会いたいんだなって自覚した


会って話をしたいってなんとなく思っていた

今の自分の事、世界観、遠い未来の話

会うには時間が足らなすぎて・・・

そんな事には関係なく会えばいい話なのに!

自分で勝手に何か、ストッパーをかけている感じ


まだ君に報告できるほどの自分じゃないってことなのかな?
<何をそんなに格好つける?

疲れた顔を見せたくないのかな?
<今更?

久しぶりに会う君に昔と変わらない自分を見せたいのだろうか?
<無理!


いろいろ話をしたいのに会ったら話せないもどかしさが予想できるから?

君の話も色々聞きたいよ

お互いの状況はいろいろ変わったからねww



会いたいって想いは本物なのに

素直に一歩踏み出せない・・・






そんなそんな戯れ言


そのうち、ネタ元のなる・・・かも。

実はその逆もある――
なんていうか・・・・
キャラなりきりでベタベタしてるところを見てしまって・・・・ドン引いた――
ちょっとした興味で覗いた自分も悪いんだけどね――古い公共ログ




Close・・・↑


THEME | GENRE アニメ・コミック |
散文・短文 | TB : 0 | CM : 1 - | Top▲

COMMENT LIST

【す・て・き】 by ローガン渡久地


はるかさん、こんにちは!

【坂道のアポロン】リンク先様にすすめられて4話くらいから見ました^^
以前『BSマンガ夜話』で紹介されていて興味をそそられた漫画でした(手に取ってはいないのです(>_<;)
佐世保弁は微妙でしたけど(笑)面白かった!
JAZZは好きだし主人公のルックスも好みだったんです。
(娘は仙太郎推し)
それにヒロインの声優さんは、娘が幼い日に大好きだったNHK教育TV『歌ってオドロンパ』で踊ってた女の子と聞いて懐かしくなったり^^
個人的には諏訪部さん(淳一)がカッコよくてv-9台詞は少なかったけれどあの声はこれまでの諏訪部キャラで一番色っぽかった!
・・・あっ結構語ってしまいました。スミマセンv-436

追記の散文・・・あまりに素敵でポ~ッとなってしまいました。
これがネタ元になって生み出される作品を是非拝見したいと思います。
長々と失礼しました

藍染惣右介とルキア : 学園モノ 
ブログを整理していたら、なんだかいろいろ出てきました。

BLEACHの詩的?短文を『散文』に纏めました。


ついでに学園モノの話の最初の部分もでてきました。(笑)

いや~、存在さえすっかり忘れていたのでこの後どうしたかったのかさえ覚えてない・・・・
藍染 惣右介様が好きだったから書き始めたんでしょうけど?
いや、今でも好きですけど。

すみません。
どうしたかったのかは全然覚えて無いです。


web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)


「おはよう、ルキアくん♪」
「藍染先輩 おはようございます。」

屈託のない笑顔を向けてくるクラスメイト朽木白哉の妹・ルキアにいつものようにーー己のどろどろとした内情を微塵も感じさせないーー穏やかな笑顔を返す。

私の本来の性格を知っていて無言で毛虫を見るように冷たい視線しか向けない彼女の兄とはえらい違いだ。

その白哉も 今朝は私立尸魂学園の役員として朝早く出かけて彼女と一緒にいないことなど事前調査済み。
さらにボディガードよろしくいつも彼女の傍にいる幼馴染・阿散井恋次と黒崎一護は部活の大会のための早朝練習で不在なのも顧問に手を回して 無理やり参加させた結果だ。

最初は自分の本性を知る朽木白哉に対する嫌がらせのつもりだったのだが、話をすればするほど良家の子女然としているこの少女の男勝りな気の強さや優しさ、彼らが大事にする天然な無垢さが可愛くて仕方がなくなり、破壊し尽したいほど愛しいと思っていた。

今だってそうだ、手を伸ばせば簡単に片手で掴んで折ることができそうなほど細い首を少しかしげて笑顔を向けて自分の前に立っている。
可憐で華奢な肢体は無防備で余計に愛しさが増す。

朽木白哉は妹に「藍染惣右介には近づくな!」とは言えても理由を言うことが出来ないのだ。
私がしてきた数々の悪戯に疑いを持ち、いや確信すらしているくせに、確たる証拠がないため誰にも話すことができないでいる。
あれはそういう実直な男だ。 
もっともこの純真な少女に話せるような内容でもないのだが。



「誤解から君の兄さんに嫌われてしまってね。 
 謝って仲直りをしたいのだが・・・・・ 話すらしてもらえないのだ。
 少し相談にのってもらえるかい?」

とても悲しそうに困った顔で願い出た私の言葉を 彼女は戸惑いながらもあっさり信じて応じてくれた。

「でも、彼は君に男が近づくのをあまり快く思っていないから・・・・・ 
 彼には内緒だよ。」

私の言葉に彼女自身が白哉に溺愛されている自覚があるのだろうーー少し頬を染めて 

「そうですね。
 申し訳ありません。」



なんて素直で可愛らしい。

Close・・・↑


散文・短文 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

散文 : 雪♪ 
一昨日は雲一つない高くてそれは綺麗な青空
夜には澄んだ空に青白い満月

昨日は天気予報どおり夕方から雪が降りました
初雪?  はっきり降ったところを見たのは今年はコレが初めて

しかし、なんだってよりによって出勤の日に~~~ ついてない!

朝には止むとの予報を信じて 駅まで5分の道のりを自転車で走った所為で吹雪のような雪を体感
マスクして帽子を被っているのにちょっと空いた隙間に当たる雪が痛い

そんなボタン雪が電柱の上や塀、屋根の上に降り積もっているのを見て こんな日はかの死神たちも仕事量が多いわりに 足場が悪くて仕事がやり難いだろう

そんな事を妄想する
天気一つでもいろいろ話の枝葉は広がっていくのに 書く時間と記憶力の無さが邪魔をする
そういえば、彼らだけじゃなくてオレも雪の所為で仕事がとても忙しかったよ ちきしょっ



意外に降っているときは寒くないよね?
今日のように解け残った雪のある晩のほうが断然寒い!




降る雪は好き

でも 降った後の雪は嫌い

何にも侵されないで

自由でいて欲しい

でもきっと 待っていて


そんな戯言





web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)

散文・短文 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

散文 : 『冷たい手』 


手が冷たい話の原案ですーーほぼ背景なしーー

展開はあのまんまです。




web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)


手が冷たい話



ルキアと並んで歩いた少し雪の残る道

歩く寒さに手を繋ごうとして 触れたルキアの手の冷たさにびくりと震えが走った

それがルキアに伝わったのか・・・・ 繋ごうとした手を振り払われた

「てめ、なんで手を振り払うんだよ?!」

ちょっとキレ気味の口調はもちろん照れ隠しで、セリフの強引さは百も承知だ。

「うるさい、貴様の手まで冷たくなるからだ!!」

ーーくそ! わかんねぇヤツだな、だからこそ繋ぎたいんだって!!

強引に小さな手を自分の掌に収めて 知らん顔で少し歩く速度を上げる。

「たわけ、貴様はいつも人の話を聞かぬ!」
「てめぇは小さいことをごちゃごちゃ煩せぇんだよ!」

小走りに追いかけてくるルキアの頬は寒さの所為か、少し走らせた所為か
俺の手の所為なのかーー
上気して真っ赤なのに気がついた。
思わず足を止めて正面に向き直る。
見上げる勝気な紫の瞳はとても綺麗で文句を言いたげに少し尖らせた小さな唇は
扇情的に艶めいている。

「なんなら手だけじゃなくてもっと温めてやろうか?!」
「は? どうするというのだ?!」

挑戦的に言い放った俺のセリフに 
(うわっ! ルキアだ!!
 コイツはってもしかして俺を誘っているのか?!)
こっちが戸惑うほど呆けた言葉が返ってくる。

「知りたいならーー」

にやり と笑んで掴んだ手を引いて抱きしめてそっと口付けた。

冷えた感触が寂しくて悲しくて

もっとを求めてみれば

真っ赤な顔で 「たわけ! 調子に乗るな!」と殴られた。








手が冷たいシリーズこれにて完結 なんちゃって。

最後の3行の言葉のノリの良さが好きで没にするのが惜しくて下書き部屋から
拾ってきてしまったーー ←すみません。

very shortな戯言として相手の名前は敢えて入れてませんでした。




お粗末様でした。
ではでは下書き部屋に戻ります。









Close・・・↑


散文・短文 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST

  う そ 
放置してあった散文

いろいろ巡ったら ちょっと書きたくなってーー

web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)


ーー う そ ーー


止めろ!   私に嘘を吐くな!!

何故、本当のことを言わない?!

何をそんなに隠さねばならぬのだ?!

私に隠し事をするなって言っていたのは貴様ではなかったか?!


感情のままに責め立てた私の頬を涙が零れた。

こんなはずじゃなかった・・・・、涙など・・・・ 

負けを認めたようで 弱い証拠のようで嫌だ


何故 貴様がそんな傷ついたような顔をする?!

本当のことを教えてもらえず、裏切られて傷ついたのは私のほうだ!!


駄々を捏ねる子供のように問いただす私・・・・

私だけが子供のままなのだろうかーーー

いつまでも同じ気持ちでいることはできないのだろうか

ーー 擦れ違う感情 

なぜこんな風になってしまったのだろう・・・・・

想う気持ちは変わっていないはずなのに










Close・・・↑


散文・短文 | CM : 2 - | Top▲

COMMENT LIST

【Re: No title】 by 月城はるか


はじめまして。 茶のユウ様
いやいや こっそり覗き見と怪しいのはお互い様です (*^□^*)
私も足跡を残して下さる方は同じ趣味の方かも・・・・っとよく覗き見していました♪

うぉおお・・・ ホムペにも来て下さっていたのですか?!
ありがとうございます!!
なんかなんか 今更ですが、 嬉しいやら はずかしいやら・・・・ 
でもでも 同じ様にルキア大好きで 総受け上等wでとっても嬉しいです!!
オアシスですwとまで言って頂いては もうPCの前でジタバタと (≧▼≦)
しちゃいました♪
こちらこそ 好き勝手書き散らしながら、またお邪魔させていただきます。
とっても嬉しいコメントいっぱいありがとうございましたvvvvvv 

【No title】 by 茶のユウ


初めまして!茶のユウと申します。
いつもこっそり覗き見させていただいてました。怪しくてすみません;
拍手コメが嬉しく、思い切ってこちらにコメントさせていただきました!

ルキアちゃんが大好きで月城様のお話を読んではニヤニヤ、ウキウキしています!
恋次も一護も兄様も皆皆ルキアを愛でればいい!と妄想している私にとって
月城様のホムペはオアシスですw
これからも怪しく覗き見させていただきますm(_ _)m

散文: 『赤 緋い血』 






赤 = 緋い血 


血 緋い赤い血が流れている・・・・・

それは 自分から流れているのか・・・・・

抱かかえている相手から流れているのか・・・・・・

流れるそれは 苦いような鉄の匂いを伴って

雨に打たれた冷えた身体に伝うその液体は 哀しいくらいにとても温かい

抱きとめた身体は 相反してこんなに冷えていくのに・・・・・

苦しいはずの 海燕殿の声が優しく囁かれた・・・・・・・

そんな最期の言葉・・・・・  辛すぎる 

私は自分を守っただけ 弱い自分を・・・・・・

恐怖に耐え切れず 剣を向けた 敬愛する貴方に

斬魄刀が 胸の骨を掠って 肉を刺し貫いた感覚は 
わたしの手に その音とともに 永遠に残るだろう

意識を手放せたら いいのに・・・・・

狂えてしまえたら いいのに・・・・

馬鹿を言うな・・・・・  

自分の行動の責任を 最後まで取らねばならぬ

逃げようとする意識を叱咤する冷静な判断くだすもう一人の自分がいた


修羅の道であることは 承知のはず。

手の中の剣がにやりと哂ってそう言った。

そうだな・・・・・  私は自分でこの道を選んだのだ・・・・・・・・・












またまた放置してあった言葉たち。

ーー 袖の白雪 --

綺麗だけれど、持ち主を甘やかさない剣であって欲しい。

虚との戦いの場で 生死をともにするのだから

厳しくなければ、持ち主が生き残れない・・・・・・

斬魄刀なりの愛情(のようなもの)があるといい


本編設定でいくとキャラが持ち主に似てることが多そう。

一角さんみたいに正反対(?)なのもあるみたいだけど。






web拍手 by FC2
拍手ありがとうございます!
(オンマウスで夜にゃんさんが動きます♪
その後、クリック下さるととっても嬉しいです!)

散文・短文 | TB : 0 | CM : 0 - | Top▲

COMMENT LIST









翻訳(Translate)
こんな人!?

月城はるか

Author:月城はるか
たぶん ♀
(たまに人称がオレ!)
基本キャラは 楽天家、単純、大雑把
「乙女」と「おっさん」が混在してます
社内評価は「天然」
<いや、絶対に違うから!

アニメファン、漫画と本が大好き
「BLEACH」「銀魂」「秘密」「彼方から」「Monster」「家庭教師ヒットマンREBORN!」「鋼錬」「チェーザレ」「竜の末裔」「ヨルムンガンド」「新暗行御史」「彩雲国物語」「十二国記」「最遊記」「のだめ」「君のいない楽園」「麒麟館グラフィティ」「死がふたりを分かつまで」ETC 塩野七生・今市子・道原かつみ・パトリシア・コーンウェルは全ての本  
  
HP緋狼白雪でBLEACHのイラスト・お話展開中。 
ここにHPのお話の更新、描いた画の言い訳?を書いていきます。
リンク フリーです。
相互にさせていただければ、すごく嬉しいです♪
jimmy.gif






ごめんなさい。


    クリック募金
    クリックするとスポンサー企業から募金されます。
    クリックで救える命がある。
    ブロとも申請フォーム
    月齢
    月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。
    ご訪問ありがとうございます!
    見てる?
    現在の閲覧者数:
    share100